目の紫外線対策を考える

紫外線対策は肌だけでなく、目も大切です!【紫外線対策のことなら@紫外線対策.com】

紫外線・紫外線対策


紫外線対策というと、一般的にみなさん肌を中心に考えがちです。けれど意外に目も紫外線の危険にさらされています。

目を紫外線の刺激から守るために、サングラスを使用が必要です。また近年では、通常の眼鏡でも紫外線対策の機能を持つタイプも販売されています。

人間の瞳孔は、暗い場所で開く反応をします。そのためカラーの強いサングラスを使用すると、瞳孔が開きやすくなり、逆に紫外線が入りやすくなってしまいます。つまり紫外線対策を考えた場合、それ程強くないトーンのカラーがお勧めです。

また紫外線対策のサングラスを選ぶ際、気をつけたいもう1つのポイントは、目の全体を包み込むようなワイドレンズのデザインを選ぶという点です。サングラスと顔の隙間から入りこむ紫外線までしっかりと防ぎましょう。

また太陽が直接見えない曇った日でも比較的紫外線は強いものです。普段から紫外線を防ぐ意識を持ちましょう。

もしも外出する時間帯をずらせるのであれば、紫外線の強い10時から14時に出かけないようにしたいものです。

更に帽子や日傘を利用し、日陰を歩く。またサングラスやゴーグルをファッション性だけでなく紫外線対策として、日頃から使用することも大事です。もちろん通常の外出時だけでなく、海水浴や釣り、スキーや山登り、ジョギングなどアウトドアやレジャー施設で活動する際には必ず使いましょう。





紫外線対策のことなら@紫外線対策.com



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。