紫外線について・・・

紫外線について 【紫外線対策のことなら@紫外線対策.com】

紫外線 対策



紫外線とは高温のものが発する人間の視覚では認識が出来ない、波長が短くエネルギーの高い光線のことです。太陽の表面温度は6000℃もあるので、大量の紫外線を発しています。
 
過度の紫外線は白内障、皮膚ガン、急性角膜炎、火傷などの健康被害をもたらし、人間以外でも植物や海に住むプランクトン、小魚などがダメージを受け、それが生態系へ大きな影響を及ぼす危険性があります。
 
しかし適量であれば殺菌効果やビタミンDの生成など、メリットも存在します。

オゾン層の存在は、それが紫外線を防ぎ、動植物が生きていける環境を作っているからです。
 
はるか昔、オゾン層が出来ていなかった頃、まだ地球に生物は存在していませんでした。それがやがて海の紫外線が届かない場所に生物が生まれ、それらが出した酸素と紫外線が作用し、オゾン層が作られ、そうしてようやく地上に生物が誕生しました。
 
つまり紫外線を防ぐオゾン層の存在が無ければ、地上でいかなる生物も生存ができなくなるのです。
 
紫外線はUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分類されます。中でも、UV-BとUV-Cはオゾン層で吸収される事によってバランスを保っており、そのバランスが崩れると先述のような健康へのダメージを引き起こします。
 
特にUV-Cはもっとも有害で、オゾン層により殆どが吸収されています。
UV-Aは余りオゾン層には吸収されず、日焼けの原因などになります。通常市販されている日焼け止めなどはこのUV-Aを防止するためのものです。





紫外線対策のことなら@紫外線対策.com



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。