目の紫外線対策を考える

紫外線対策は肌だけでなく、目も大切です!【紫外線対策のことなら@紫外線対策.com】

紫外線・紫外線対策


紫外線対策というと、一般的にみなさん肌を中心に考えがちです。けれど意外に目も紫外線の危険にさらされています。

目を紫外線の刺激から守るために、サングラスを使用が必要です。また近年では、通常の眼鏡でも紫外線対策の機能を持つタイプも販売されています。

人間の瞳孔は、暗い場所で開く反応をします。そのためカラーの強いサングラスを使用すると、瞳孔が開きやすくなり、逆に紫外線が入りやすくなってしまいます。つまり紫外線対策を考えた場合、それ程強くないトーンのカラーがお勧めです。

また紫外線対策のサングラスを選ぶ際、気をつけたいもう1つのポイントは、目の全体を包み込むようなワイドレンズのデザインを選ぶという点です。サングラスと顔の隙間から入りこむ紫外線までしっかりと防ぎましょう。

また太陽が直接見えない曇った日でも比較的紫外線は強いものです。普段から紫外線を防ぐ意識を持ちましょう。

もしも外出する時間帯をずらせるのであれば、紫外線の強い10時から14時に出かけないようにしたいものです。

更に帽子や日傘を利用し、日陰を歩く。またサングラスやゴーグルをファッション性だけでなく紫外線対策として、日頃から使用することも大事です。もちろん通常の外出時だけでなく、海水浴や釣り、スキーや山登り、ジョギングなどアウトドアやレジャー施設で活動する際には必ず使いましょう。





紫外線対策のことなら@紫外線対策.com

紫外線について・・・

紫外線について 【紫外線対策のことなら@紫外線対策.com】

紫外線 対策



紫外線とは高温のものが発する人間の視覚では認識が出来ない、波長が短くエネルギーの高い光線のことです。太陽の表面温度は6000℃もあるので、大量の紫外線を発しています。
 
過度の紫外線は白内障、皮膚ガン、急性角膜炎、火傷などの健康被害をもたらし、人間以外でも植物や海に住むプランクトン、小魚などがダメージを受け、それが生態系へ大きな影響を及ぼす危険性があります。
 
しかし適量であれば殺菌効果やビタミンDの生成など、メリットも存在します。

オゾン層の存在は、それが紫外線を防ぎ、動植物が生きていける環境を作っているからです。
 
はるか昔、オゾン層が出来ていなかった頃、まだ地球に生物は存在していませんでした。それがやがて海の紫外線が届かない場所に生物が生まれ、それらが出した酸素と紫外線が作用し、オゾン層が作られ、そうしてようやく地上に生物が誕生しました。
 
つまり紫外線を防ぐオゾン層の存在が無ければ、地上でいかなる生物も生存ができなくなるのです。
 
紫外線はUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分類されます。中でも、UV-BとUV-Cはオゾン層で吸収される事によってバランスを保っており、そのバランスが崩れると先述のような健康へのダメージを引き起こします。
 
特にUV-Cはもっとも有害で、オゾン層により殆どが吸収されています。
UV-Aは余りオゾン層には吸収されず、日焼けの原因などになります。通常市販されている日焼け止めなどはこのUV-Aを防止するためのものです。





紫外線対策のことなら@紫外線対策.com



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。